aririn3’s blog

子育て中、日々のあれこれ。

アイディア料理

息子ちゃんは朝ごはんの準備の時に、ちょくちょく料理のお手伝いをしてくれます。

 

レタスを洗ってちぎったり、キュウリを切ったり、スクランブルエッグを作ったり。 

 

そして先日は卵焼きに初挑戦しました。 料理に決まりはないから、自分が作ってみたいもの、食べてみたいもの何でもいいんだよ! と伝えました。 初めてなので、基本で作って欲しいと思ったけど、男子特有の「僕だけのスペシャル」みたいな物を作ることに燃えるので自由にさせてみることに笑😅 

 

冷蔵庫の中をガサゴソして、梅干しをきざみ、胡麻を多めに入れ、ニンニク醤油を隠し味♪ 想像できなくて、恐ろしすぎる…。

 

クルクル巻いて頑張って作った卵焼き。

 


f:id:aririn3:20230124205657j:image

 

切り口とかボソボソで、ちょっと可愛らしくも見えてきます。

 

そしてお味は意外にも美味しかったです。 梅干しの酸味は抑えられていて、胡麻がいいアクセントになって新たな発見! 

 

 

こうやって料理をすることで、普段の料理にも興味を持ち始めた気がします。 

私が作った豚汁に対して具材が沢山入っていて、これ切るの大変だったんじゃない?とか、カレーの中の玉ねぎがこんなに入ってるって知らなかったなど。

 

何も考えずに出された物を食べるだけになって欲しくないですよね、作る側としては。

 

冬休みはお弁当を持って、朝から児童館へ行くことが多かったです。

 


f:id:aririn3:20230124215033j:image

ほうれん草の卵巻き、チキンのケチャップ炒め、ウインナー、枝豆。

 

全然足りなかったと言われました😭

ご飯もぎゅうぎゅうに詰めたんですが。

 

よく食べる息子ちゃんの朝ごはん。


f:id:aririn3:20230124220418j:image

夕食の残りのビーフシチュー、ひじきの炒めもの、いんげん胡麻和え、チキンのケチャップ炒め、ほうれん草の卵巻き。

 

そして卵かけご飯は2杯食べています。

しっかり朝ごはんを食べて、元気に登校していきます😊

 

東京観光3日目

東京3日目。 北海道に帰る日です。

 

息子ちゃんとのふたり旅はやりたいこと、行きたい所が沢山で、まったく時間が足りなかったです。

 

特に予定を入れず、朝食はプラ〜っと歩いてカフェに入りのんびり。 その後はショッピングモールをブラブラしたり、本屋さんでそれぞれ1冊ずつ本を購入したり。 

そして川沿いを散歩し、たまたま見つけた公園で息子ちゃんは遊びました。 これから飛行機に乗るというのに、砂まみれになりズボンの膝には穴をあける始末💦 

 

予定も入れずに、のんびりしたのっていつぶりだろう? と思うほど、ゆったりとした時間でした。毎日がバタバタと慌ただし過ぎて、心も体もリフレッシュ。

 

今回は息子ちゃんとふたり旅という初めての経験でしたが、息子ちゃんが頼もしく思える場面も何度かあったり、いつの間にかチョロチョロしたりもなくなって、子供との旅行が楽しいと思えるほど成長していたんだな〜と感じました。

 

この時間が永遠に続けばいいのに★ と思えるほど楽しい旅行でした。 特に息子なので、これが最後のふたり旅になってしまうかもしれない… と思うと、すべてが貴重なものに思えて、普段からこんな気持ちでいれば息子ちゃんを怒ることもないのにな。 息抜きすることの大切さを感じた旅行でした。

 

ホテルからの朝日。
f:id:aririn3:20230121223727j:image

 

今回の旅行で息子ちゃんは将来、絶対に東京に住みたい!と強く思ったそうです。

 

1年後にまた二人で東京に来たいね♪ と約束しました。 塾や習い事がどんな状況なのか分からないけど、可能な限り定例行事にしたいと思った、ふたり旅でした。

 

東京を離れる時に息子ちゃんは、「早く暖かい北海道に帰りたい」と言ってました笑

いやいや極寒だし。

 

ただ東京は建物の中もどこも寒く感じました。 北海道は外は寒いけど、気密性が高いからか屋内で寒いと感じることはほとんどないです。むしろ暑い。

 

東京は楽しいことが沢山だけど、とにかく寒い!!というイメージがついた息子ちゃんでした。

 

お読み頂きありがとうございます。

東京観光②

ようやく冬休みが終わり、一息つくどころか逆にバタバタと忙しくしていました。

(休み中に出来なかったことを一気にやろうとするからですね、反省)

 

 

さて東京観光2日目は、息子ちゃんがずっと行ってみたい!と言っていたキッザニア。  

丸一日存分に遊べるように、キッザニアに近いホテルを取っていました。

 

関東では冬休みも終わっていたので、割りと空いていたけどテンションが上がり朝7:40分から並ぶ息子ちゃん。 

 


f:id:aririn3:20230120222213j:image

 


f:id:aririn3:20230120222248j:image

 

裁判官、パイロット、消防士など希望の職業はサクサクと体験できました。 ソーセージ、ハンバーガーを作ったり、運転免許を取ったり、クレジットカードを作ったりと次から次へと体験していました。

子供のための本格的な職業体験施設で、小学生低学年の今が1番楽しめる時期だったと思います。

 

この日は1日キッザニアで遊ぶと決めていた息子ちゃんですが、元々は7:30には寝てしまう早寝。 キッザニアは夜9時までですが、夜8時に限界になり帰宅しました。

 

最後はマジシャンを体験して締めました😊 

 

1日のうちで沢山のことを体験できて、刺激的な1日だったと思います。

 

一方、息子ちゃんがお仕事体験をしている間の私はというと…。

東京近郊に住んでいるお友達に5年ぶりに会いました! そのお友達も子供を連れてキッザニアに来てくれて、息子ちゃんと一緒に回ってくれたので、親はのびのびとおしゃべりタイムが出来ました🤗  

 

私はずっと会いたかったお友達との再会、息子ちゃんは沢山のお仕事体験で充実した1日となりました。

東京観光1日目

今回の旅行は息子ちゃんのやりたいこと、行きたい所を中心に詰め込んだ2泊3日の旅でした。

 

 

まず1つ目のやりたい事。

 

東京大学へ行ってみたい。東大の学食で食べてみたい!でした。

 

お昼頃に羽田に着く飛行機でホテルに荷物を預け、そのまま東大へ行く予定… でしたが、予想外の出来事が!

 

飛行機が強風で揺れに揺れ、着いた頃には息子ちゃんの顔が真っ青💦

頭がクラクラする〜〜。とエチケット袋を抱えて空港から動けなくなってしまいました。

 

多くの乗客の方が具合が悪くなってしまい、飛行機の中は大惨事でした。 

 

1時間ほど空港のソファで休み落ち着いたところでホテル→そして東大へ。 

 


f:id:aririn3:20230114100124j:image

 

 

敷地内を観光し、食堂でお昼にしました。

 

すごく寒かったこともあり、息子ちゃんはかけうどん、私は赤門ラーメン。

 

1杯200円というコスパ最強のうどんは息子ちゃんにとっては刺激的で大満足だったようです。

 

その後は東大グッズを購入。 東大消しゴム、東大鉛筆、東大ボールペン、東大タオルなど、お年玉を使って自分で購入しました。

 

これを使って勉強をしたら、気分が高まりそう〜!と言うので、そんなことでやる気アップに繋がるなら親としても嬉しいです。

 

東大卒の弁護士になりたいと夢見ている息子ちゃん。  果てしなく遠い夢ですが、目標を持つことは素晴らしいことなので、少しでも夢に近づけるといいなと思います。

 

 

そして、もう1つやりたいことはかっぱ橋に行きたいでした。

かっぱ橋食品サンプルの専門店を訪れてみたい。 

 

もう少し時間があれば、食品サンプル作り体験も申し込みたかったけど、この時点で夕方でした。

 

息子ちゃんはお友達や自分へのお土産をじっくりと時間をかけて選び購入。こうやってる時間が楽しいですよね。

 

大人でも見ているだけでワクワクするようなものばかりで、すごく楽しい時間でした。

 


f:id:aririn3:20230114102211j:image

 

私にもプレゼントをしてくれました。

 

スライスチーズのしおり。質感もリアル。

 



f:id:aririn3:20230114103005j:image

 

パパには生ハムのしおりでした😊

 

 

そんなこんなで、あっという間に1日目が終了。

 

 

息子ちゃんとふたり旅

残り10日ほどの冬休み。

前々から計画していた息子ちゃんとのふたり旅で東京に来ています。

 

今回は航空券のマイルが貯まっていたのと、息子ちゃんが行ってみたい&やってみたいことにとことん付き合う旅です。

 

 

東京へ来るのは2度目の息子ちゃん。 物心ついてから来たのは初めてでした。

 

 

雪のない冬を見たのが初めて。 なのに北海道よりも寒く感じたそうです。 

 

圧倒的なビルの多さや高さ、道路の狭さ、お店の小ささなど軽くカルチャーショックを受けていました。

 

「ミニチュアの町みたいだ…」が第一声。

 

完全な田舎者発言でした笑😅 

 


f:id:aririn3:20230110203812j:image 

 

ホテルからはスカイツリーと富士山も見えました。

少しずつ書いていきたいと思います。

 

 

道産子ならやっぱりウインタースポーツ

息子ちゃんは3日間のスキー教室を終えました。 検定試験を受けて合格した〜!と喜んで帰ってきました。 

 

今年初めてスキー教室に参加した息子ちゃん。 ですが、ちょっと出遅れた感は感じていました。

 

なぜなら、まわりは幼稚園ぐらいからスキー教室に行ったり、親が教えたりでスキーのできる子がおおい。 

 

ワンシーズンに5回しかない小学校のスキー授業。 校庭に作られた小さな雪山で滑って上達はしません。1学年(70名ぐらい)が一斉にスキー授業をするし、滑れるチャンスはわずかのみ。

 

私は生まれも育ちも北海道ですが、スケートをする地域出身のため、スキーは大人になるまで滑ったことはありませんでした。

子供の頃はスケート教室に通っていたし、小学校の授業でもモジモジ君みたいなスーツを着て、プロ並みに滑る子がざらにいました。 

でもスケートが滑れても、大人になってから楽しむことはほとんどない…。

というわけで、ウインタースポーツから遠ざかっていた私なので、息子ちゃんのスキーに関してもたった5日間しかない授業はなんとなくやり過ごせばいいのでは?ぐらい思っていたのです。

 

でも去年は旦那ちゃん(スキーで育った地域出身)と二人でスキーに行き、すごく楽しそうだった息子ちゃん。

 

せっかく北海道に暮らすのならウインタースポーツを楽しむべきだよね〜と、今回のスキー教室に申し込むことになったのです。

 

これから先も息子ちゃんはスキー授業があるわけで、せっかくなら得意になって楽しめたほうがいいですもんね。 私が滑れないからといって、学ぶ機会を奪ってしまってはいけない。

 

3日間のスキー教室は每日が楽しかったようで、もう3日通いたいと言っていたほどです。 

 

每日スキーから帰ると「お腹すいた〜眠い〜」 しか言ってなかった笑

 

 

スキー後の夕食にチキンナゲットが好評でした。
f:id:aririn3:20230108214029j:image

 

レンコンをすりおろし、少しは細かくきざみ、レンコンと同量の鶏ひき肉、タマゴ、ニンニク、生姜、小麦粉を混ぜて揚げ焼きにしました。  半分はコーンも入れました。 見た目はいびつだけど、ヘルシーでしっかりとタンパク質を摂れる一品。

 

 

3日間のスキー教室を頑張り、翌日はゆっくりとお家で休もうね♡ なんて伝えていましたが、一晩寝ると体力が完全復活する息子ちゃんなので、スキー翌日は歩くスキーに行きたい!!と言い出しました😭 

 

私も一緒に歩くスキーをやりましたが、体のあちこちがバッキバキ。 つらい…。

 


f:id:aririn3:20230108214713j:image 

可愛らしい雪だるまに癒やされました。

 

子供の体力は想像以上。

全力少年

冬休み中、特に予定のない日は児童館へ行って遊ぶ息子ちゃん。

 

朝食後に小一時間、宿題や勉強、自由研究をして9時にはお弁当を持って児童館へ行きます。

 

小学生になるとお弁当を作る機会が減ってしまったので、お弁当作りも楽しいです。


f:id:aririn3:20230105094457j:image

 

・唐揚げ、ほうれん草、チーズ入り卵焼き、かぼちゃ煮、人参しりしり、枝豆

 

夕方5時に迎えに行くと、明らかにテンションが低く、無口になっています。 普段はかなりおしゃべり男子のため、無口になる時は具合が悪いか、眠いかのどちらかです。

 

あくびばかりして眠そうな息子ちゃんは、家に帰ってから急いでお風呂に入り、半分寝ながら夕食を食べ、7時前には寝てしまいました。

 

約10時間ほどの睡眠で完全復活しています。 心から羨ましい。  

 

息子ちゃんの朝ごはん。


f:id:aririn3:20230105210601j:image 

・ししゃも、ハム、ポテトサラダ、ブロッコリー、生ハム、イチゴ

 

 


f:id:aririn3:20230105210718j:image

・赤魚、レンコンのきんぴら、ブロッコリー、生ハム、焼き厚揚げ

 

 

全体的に地味ですが、朝は卵かけご飯を食べたい息子ちゃんのなので、和食っぽくしています。

 

そして本日より3日間のスキー教室が始まった息子ちゃん。 日中の気温も氷点下とかなり冷え込んでいるので、寒くならないようにヒートテックや諸々着せたら、汗だくになって嫌だったと。 汗疹までできる始末です。 

 

そして今日も疲れ切って、なんとかご飯を食べて早々に寝ました。 

寝ると充電満タン。 寝る前と朝は別人のようにテンションが違います。 

 

体力がないのか、すべてを全力で挑んでいるのかは分からないけど、そんなに本気で每日を過ごしていて充実しているようにみえます。  

いつになったら体力の配分を計算できるようになるのか…。