aririn3’s blog

子育て中、日々のあれこれ。

息子ちゃんに疲れ、時々救われる

最近の息子ちゃん。 相変わらずの甘えん坊で幼い7才です。

 

一時の中間反抗期と思われるものも落ち着いてきたように思います。

ですが、なんせ幼い。 口は達者で語彙力も高い、言葉の言い回しも大人顔負けですが、心が幼稚園児の年中レベルです。 

 

本当に厄介で一つ一つのことを説明して、自分の頭で理解するところまで持っていくのに時間がかかります。

 

ここに書くのも恥ずかしいほどですが、塾の日の出来事。

 

塾に行く時に、自分のお気に入りのおもちゃ(ストレッチーズという伸びる人形)を持っていきたいと言い出す。

 

塾は勉強をするところなので、勉強に関係のないものは持っていかない決まり!だから駄目なんだよ。

 

息子ちゃん: 塾の教室ではおもちゃは出さない。お気に入りだから、かばんの中に入っていると思うだけで気分が上がるんだ👍 

 

私の心の声: 家での勉強中だって抑制出来ていないのに、ましてやお友達がいる塾で守れるわけがない。実際に前科あり先生に注意を受けています。

 

私: 大切なものはお家に置いておくほうがいいし、塾や学校にはおもちゃは持っていかない決まりは分かるよね。みんな守ってるよね。

 

息子ちゃん: 僕はカバンから出さないって言ってるのに、どうして理解できないの〜(怒) ただカバンに入れておくだけっていう意味がママには理解できないの?

 

そんな事の繰り返し…

 

全く埒が明かないので、塾の担当の先生に相談して決めてもらおう!と伝えると、ようやく納得した息子ちゃん。ここまでに1時間かかりました。 はぁ。

 

頭ごなしに怒鳴っても反発するだけだし、落ち着かせて自分の頭で理解できるように説明。 

 

こんな事が毎日のように起こっています。 男の子はトライ&エラーを繰り返すとよく言われるけど、これが成長に繋がっていると信じたいです。 エラー&エラー&エラー∞ なんてことはないよね… なんて想像して恐怖。

 

一方でお喋り好きな息子ちゃんなので、每日他愛もない会話をよくします。

先日は単なる私の愚痴を息子ちゃんに話してみました(笑)

 

ある日、旦那ちゃんの荷物の不在連絡票が入っていました。 旦那ちゃんが再配達の手続きをして時間指定をしたのに、その時間に受け取れなかった件。(寝てしまい、気づかなかった)

 

自分で連絡をして再配達をお願いしたのに、どういうことなんだろうね。雨降ってる中、配達員さんは時間通りに届けてくれたのにね…。 

 

 

そんな愚痴を息子ちゃんに話しました。 息子ちゃんは「ママがそんなに怒ることじゃないよ! パパに再配達はきちんと受け取ってね、ピロリロリーン♪って言っておけばいいんだよ🤗 でもママの怒る気持ちも分かるよ!」って共感もしてくれてる? 知らないうちに成長したのかな〜。 ピロリロリーンの意味は分からないけどね(笑) 

 

幼い部分もあるけど、母の気持ちも時々理解してくれる?息子ちゃんなのでした。

 

僕が肩もみしてあげるから、ゆっくりしてね〜♡ と心優しい息子ちゃんでした。


f:id:aririn3:20220924224854j:image

 

一緒にパフェを食べに行けるのは、あと何年かな。

手作り食器

夏休みに息子ちゃんと陶芸教室の体験をしてきました。

長期休暇の時には必ず行っている、我が家の恒例行事となっています。

 

今回はおじいちゃん、おばあちゃんへの敬老の日のプレゼント(湯飲み茶碗)を作る。

家族で使えるお皿、私と旦那ちゃんのお猪口を作る予定でした。

 

 

 

まずは、おじいちゃん、おばあちゃんへの湯飲み茶碗。 
f:id:aririn3:20220923212026j:image

手びねりなので、形が歪んだり、厚みも均等ではないけれど、可愛い孫が作ったものなので喜んでもらえました😊 

 

我が家の食器とお猪口、箸置き。

 


f:id:aririn3:20220923212232j:image

 

渋めの色をチョイスした息子ちゃん。

これまた既製品では絶対にない味わい深さです。

 

1年前に作ったコーヒーカップは毎朝のコーヒーに使っています。

 


f:id:aririn3:20220923212438j:image

白→息子ちゃん、黒→旦那ちゃん、水色→私。

 

私は昔から食器類が好きで、色々と集めていたけれど、最近の我が家は息子ちゃんの手作り陶器で溢れています。

 

決して使いやすくはないけれど、なんだか温かみがあって、どの器を使おうか〜?という楽しみにもなっています。

 

子供ならではの豪快なデザインや形、指の形がついた食器は世界に1つだけ。 

 

大人は絶対にこんな柄は描かないですよね😅 

 




f:id:aririn3:20220923214903j:image




シェーのポーズのおそ松さん(笑) なぜ…

ついに決断!

習っているエレクトーンの発表会を終えた息子ちゃん。

 


f:id:aririn3:20220918201357j:image

初めての発表会でしたが、ノリノリで楽しそうに演奏し、無事に終了しました。

 

発表会に向けての練習や準備は親子共々大変だったけど、楽しそうに演奏している息子ちゃんの姿を見て、疲れは吹っ飛びました。

 

何度かブログでも書いていますが、息子ちゃんは自宅でのエレクトーンの練習は每日5〜10分程度。楽しいと言う割には、それ以上を追求するわけでもなく、親としてはモヤッとすることもあるけど、プロになるわけでもないし、本人が楽しめるのが1番と一切の口出しはしていません。

 

でも、ここ最近は学校が終わってから学校の宿題、塾の宿題、エレクトーンの練習、そして公園へ。 一連の課題をこなすと、それなりに時間がかかります。

加えて読書好きな息子ちゃんは毎日、学校から2冊ずつ本を借り、図書館からも借りている本も読みたい。

 

朝の登校前は、ギリギリまで読書をして、パジャマは抜け殻のような姿です。

 


f:id:aririn3:20220918202253j:image

 

最近はアルセーヌ・ルパンにはまり、慣用句の本も読みたい、キテレツ大百科も気になる… と、息子ちゃんが去ったあとは、こんな状態。なんてこった。

 

 

そして先日。学校から帰った息子ちゃんは読書の時間がもっと欲しいと言い出しました。 

公園でも遊びたいけど、読書をゆっくりする時間が取れないかな〜と。

 

 

エレクトーンは長くても4年生までと話し合っていたので(塾も忙しくなりそう)、もしかして今年度いっぱいで辞めるというのもありなのでは? 発表会も経験したし、エレクトーンの練習がなくなった分、読書の時間を確保できるのでは?と息子ちゃんと話し合いました。

 

そうしたら、エレクトーンを辞めちゃうのはなんだか寂しいけど、辞めたら時間ができるのは嬉しいかな♪と息子ちゃん。

 

ベビーカーに乗って通いだしたヤマハ音楽教室には7年間お世話になりました。

息子ちゃんの人生で最も長い習い事なので、親子ともに思い出は沢山です。

 

忙しいとか、練習しないとか怒った勢いで一方的に辞める方向には持って行きたくないので、息子ちゃんとじっくりと話し合って決めた結論は2年生いっぱいでエレクトーンを辞める!決まりました。

 

7年間よく頑張ったな〜。最初で最後の発表会だな〜なんて気持ちで見ていたら、涙が込み上げてきました。

 

 

音楽のセンスゼロの母と二人三脚で、ここまでよく頑張ったエレクトーン。気持ちよさそう弾いている姿をみると、緩くでも続けてもいいのかな?

未練タラタラな私だけど、2年生いっぱいの区切りは丁度良さそうです。 3年生からは平日の塾通いも始まるようだし、勉強に対してのモチベーションは割と高め。

 

 

そんなわけでまだ半年はあるけど、2年生いっぱいでエレクトーンは辞めることに決まりました。

 

高学年になる前には、もう少し習い事の整理は必要ですが、本人が納得のいく形で進めていきたいなと思います。

食べ物は大切

息子ちゃんの夏休みが終わり、バタバタの毎日です。 

加えて週末も何かと予定が入っているため、ゆっくりと休める日がなく疲れ気味の私。

 

朝ごはん、夜ごはんは家族のためにしっかりと作るけど、一人のお昼ごはんのために時間をかけたり、手間暇かける時間がもったいなく、ここ数日は菓子パンやカップラーメンで終わらせることが何度かありました。

 

すると、なんだか体がダル思い。単なる疲れなのかもしれないけど、もしかして食事が乱れていることも関係するのかな〜。

 

息子ちゃんにはカップラーメンは食べさせないのに、食べてしまった罪悪感もあり。

 

忙しい時こそ食事はしっかりと摂らなくては!と基本に返り、お昼ごはんもしっかりと摂ることにしました。

 

とはいっても、前の日の残り物やら寄せ集めたもの。

 

・冷たいお蕎麦に納豆、卵、ネギ、お稲荷さんの皮(息子ちゃんの残り)

・肉じゃが(残り物)

・ゴーヤの佃煮
f:id:aririn3:20220910095222j:image

 

絶対に子供ウケはしない地味さ😅 

 

ゴーヤは基本的に好きですが、今年は佃煮にはまりました。


f:id:aririn3:20220910095516j:image

ゴールが見えない

我が家の息子ちゃんは早起きなのはとてもいいところ。 10時間以上も寝て、朝はすっきりとしているし、朝ごはんもしっかりと食べ、準備にも余裕があるはず。なのですが、なんせ準備が遅いです。朝5時30分に起きているんですけどね。

 

朝食は6時30分。朝食後に洗面、歯磨き、トイレ、着替えをする!を毎日毎日言う日々です。

 

それでも、いつもダラダラとするので時間もギリギリです。 ほとんどは漫画に夢中になり、全く時計を見ていません。

 

「ほら、あと何分!遅れるよ!」

 

毎日同じことを言うことに心から疲れます。

そして登校時間のギリギリになって、

「今すぐ、歯磨き仕上げやってよ〜」といった具合です。 なんで息子ちゃんがダラダラと準備をしたのに、私まで巻き込まれて急がされないといけないの(怒)  

 

家を出る時間は絶対に守ってほしい。 その時間までに準備が終わっていなくても、そのまま学校に行きなさい!

と伝えています。

 

 

先日もそんな感じで、仕上げの歯磨きしてよ〜と、私に伝えたのは家を出る1分前。その前にも何度も時間!時間!時間! 

しつこいほどに伝えています。

 

そして結局、間に合わない…。

 

ほら!だから〜💢 と私の怒りもマックスでしたが、早くに準備をしなかった自分が悪いんだから、時間に間に合うように1分間だけ歯磨きしてあげるよ。(わたし鬼?)

 

 

すると息子ちゃんも怒り出す。

「いちいち説教うるさすぎ!親なんだから丁寧に歯磨きしてよ。」

 

いい加減にしろ〜〜〜! 

 

と朝から大爆発してしまいました。

 

そのまま謝りもせずに学校へ行った息子ちゃんでしたが、帰宅後に「朝はごめんなさい。 お母さんに対してひどいこと言っちゃった。よく考えたら僕が悪かった」と謝ってきました。 そこらへんはまだ素直な7歳。

 

私に怒られて学校へ行き、朝の事を思い出して学校で泣いたそう。 

そして、仲良しの友達(男の子と女の子)に相談したそうです。

 

その二人のアドバイス

 

男の子→ 玉ねぎを目に近づけて涙を出してから、お母さんに謝る。

 

女の子→ 寝る部屋にこもって、お母さんが根負けするまでねばる。

 

 

でした。 小学校2年生はみんなこんなもん? なぜに素直に謝るとか反省することをしないのか。

 

その後、担任の先生と校長先生にも相談したそうです。(息子ちゃんはしょっちゅう校長室に遊びに言って世間話をしています)

 

先生方からのアドバイスは早く謝って仲直りしたほうがいいね!でした。

 

色んな人に相談しまくるのも本当に辞めてほしいです😭

 

深く反省した?息子ちゃんは時計を見て行動する!とか、準備を済ませてから漫画を読む!と、その日に宣言をしました。

 

 

 

さて翌朝はどうだったかと言いますと…。 

 

 

 

朝食後に準備はせずに裸で漫画を読んでいました😔😔 時間に気づいたのは家を出る3分前。

 

もう笑うしかないです😔  

 

何から注意をしたらよいのか、どこを目指すのか全く分からなくなりました。

 

 

学校から帰るたびに筆箱の中身が減っていて、私に怒られた日に机の中を探したそうです。

そして持ち帰ったのが、赤青鉛筆3本、鉛筆削り2個、消しゴム3個、鉛筆数本。

 

 


f:id:aririn3:20220908092116j:image

 

男の子。本当に成長していくのだろうか。

こんなんで大丈夫なのか。

 

 

 

 

プリント整理

ペーパーレス時代と言いつつも、息子ちゃんが学校や塾からもらってくる紙の量は半端なく多いです。

 

学校のは大事な書類とテストのみを残して、全て処分しています。

 

一方、塾のテキストや宿題はファイルに入れて、全て保管していました。 

2年生の授業が始まってからも、すごい勢いでテキストやプリントの量が増えていきます。 そして2年生のいま、1年生のテキストを改めて見ることは100%ない。

 

というわけで、テスト結果と読書感想文を残して、他のプリント類は処分しました。

 

1年間のテキストや宿題。

 


f:id:aririn3:20220901145228j:image

 

見返してみると、毎週のテキストも毎月の宿題もよく頑張っています。  幼稚園の時の公文の3年間もそうですが、宿題をやらずに提出したことは今までありません。

 

一生懸命に考えて解いた問題やブロックやサイコロ、折り紙を使ってやったな〜なんて、ちょっとしんみり。

 

読書感想文は最低でも1ヶ月に1冊分は書いてね!と言われています。 数えてみると1年間で29冊分の感想文を書いていました。 

内容も少しずつ濃くなっている。 日々の成長はなかなか目に見えてはわからないけど、こうやって1年分を振り返ると息子ちゃんも成長しているのだなと感じました。

 

今が旬のトウモロコシ。 収穫体験に行き、そのトウモロコシでコーンスープを作りました。 手間暇はかかるけど、やっぱり生のトウモロコシで作ると美味しいです♡


f:id:aririn3:20220906164141j:image

 

 

図書館再び

小学2年生になって、毎日の生活が忙しくなった息子ちゃん。

 

生後1歳ぐらいから続けていた図書館で借りた絵本を読むというのを、2年生になってからは辞めていました。 生活の一部のようになっていたので、ちょっぴりさみしかった私。

 

息子ちゃんは絵本が大好きで寝る前には数冊は読み聞かせをしていたし、息子ちゃんが読んでほしいと言ってきた時には何よりも優先していました。 色んなジャンルの本を借りて、1ヶ月に20〜40冊ほど借りていました。 

 

今は習い事も忙しいし、好きな漫画や戦国武将の本を読むので忙しそう。 成長だけど、なんだか寂しさを感じていました。

 

ですが、この夏休みに息子ちゃんが図書館で絵本を借りてほしいと言ってきました。 具体的に読みたい本があったようです。

 

さっそく息子ちゃんの希望の本を予約。

象のエルマーでおなじみのデビット・マッキーさんというイギリス人作家の絵本にどはまりし、この夏休みにはデビット・マッキーさんの本は全て読みました。 

 


f:id:aririn3:20220830210317j:image

「せかいでいちばんつよいくに」「まほうをなくした まほうつかい」がお気に入り。

他にも色んなジャンルの絵本を借りて、この夏休みは沢山の絵本を読みました。

 

息子ちゃんは昆虫は苦手ですが、絵本でなら楽しく読めます。

 

普段は児童書や伝記などは一人で読んでいる息子ちゃんですが、図書館で借りた本は昔の慣習からか必ず読んで〜と言ってきます。 私もその時間は嬉しくて、懐かしくて簡単な絵本だけど読んであげています。

 

そんなこんなで、この夏休みは一週間に10冊ペースで本を借りていました。

ネットで予約し取りに行くと、次にまた予約を繰り返していました。 

 

学校が始まり、また慌ただしい生活に戻ってしまったけど、朝食や夕食を食べ終えたタイミングで、そのまま食卓テーブルで絵本を読み聞かせをするという流れが出来上がりました。

まだまだ絵本も楽しめる年齢なので、時間が許す限り沢山の絵本を読んであげたいと思います。 

 

 

 

もうすっかりと秋の気配の北海道。 朝晩はヒンヤリとしていて、息子ちゃんからのリクエストはおでんでした。

 


f:id:aririn3:20220830211434j:image

 

おでんが大好きな息子ちゃんですが、主に食べるのはこんにゃくと出汁です。

 

出汁は昆布でしっかりととっています。こんにゃくは一人で長方形の1枚を食べています。

他の具材も食べてほしいんですけどね。