aririn3’s blog

子育て中、日々のあれこれ。

まだまだ幼い息子ちゃん

息子ちゃんの学校の宿題は毎日の日記と、算数ドリルです。

平凡な毎日なので、ネタに困りそう…と思っていましたが、息子ちゃんは意外と身近なところで日記ネタを発見するのが上手。

 

ある日の日記。 今日は朝から雨がふっていました。 雨がやんだので、外を見るといっしゅん虹が見えました。お母さんといっしょにきれいな虹が見れてうれしかったです。

 

別の日の日記。 お母さんに頼まれたお手伝いをしました。つかいおわった電池にテープをはることです。 お母さんにたくさんほめられて、朝からいい気分でした。 

 

母子の日記というぐらい私が登場しています。 学校の後にはお友達と公園で遊んでいます。 そのことを書いたら?と何度も伝えましたが、息子ちゃんは「え〜だって、お母さんの事を書いたほうが嬉しいもん♪」 

 

こんな感じで、まだまだ幼い息子ちゃんです。 学校のお友達や先生に見られても恥ずかしいとは思わない。

母としては嬉しい気持ちでいっぱいなんどけど、女のコから見たらガキ〜って思われるんだろうなと、ちょっと心配しています。

 

そんなママ好き好き♡と、ストレートに言ってくれるのも、あと数年なんでしょうけどね。 

朝から「ママって、どうしてそんなに可愛いの💕」「どこから見ても可愛いね💕」 と、真顔で言ってきます。40代母に冗談でしょうと、つっこみたくなります(笑)

私が息子ちゃんにずっと言ってきた言葉なので、あまり深く考えずに言ってる感じですが。

 

幼くて可愛いんだけど、人前では恥ずかしいということを、いつになったら気付くのやら。 男の子って、家ではこんなものなんでしょうかね。 もっとクールな感じの子もいるように思います。

 

 

息子ちゃん自作の絵本。

 

てれびくんのさいぼー(笑)
f:id:aririn3:20211007164648j:image


f:id:aririn3:20211007164744j:image


f:id:aririn3:20211007164757j:image

 

全20ページにも渡る、大作でした。

 

働く細胞のパクリ? ドラえもんや鬼太郎、侍などが出てきて、結末はてれびくんのさいぼーとはかけ離れていました。

 

そこは1年生らしい!